多額の借金の解決方法~夜逃げ以外の選択肢

夜逃げをしたからといっても、借金がすべてなくなることはありません。時間の経過とともに利息で膨れ上がった借金を、家族などが代わりに支払うことになるため、夜逃げは賢明なやり方とは言えません。ここでは、夜逃げ以外の多額の借金の解決方法を紹介していきます。

1.自己破産

多額の借金の解決方法には、まず「自己破産」があります。自己破産が適用されますと、すべての借金を支払う必要がなくなるだけでなく、99万円以内の現金や、20万円以内の評価額の財産を持つことが可能となります。

適用のためには、裁判所に自己破産手続きを申請する必要があります。手続きの期間は申請後3ヶ月から6ヶ月です。ただし、ギャンブルの負債や短期間の浪費によるものは認められません。

2.任意整理

任意整理をすることで、どの借金を減額させるのか?の選択が可能となります。借金をしている銀行などの金融機関と交渉することで認められるケースがあります。対象となるのは、3年から5年で選択した借金が支払い終わる目処がある人です。

3.個人再生

個人再生は、借金の合計額を最大で5分の1まで減額できる制度です。適用されるためには、裁判所に個人再生手続きを申請することになります。対象となるのは、借金の総額が5000万円以下である人か、3年から5年の間で借金が支払えると判断された人です。

ブラックリストの掲載期間は5年から10年

自己破産などの債務整理を行うことで、ブラックリストに掲載されます。自己破産の場合5年から10年、任意整理と個人再生は5年間です。掲載期間が過ぎましたら、再びローン契約やクレジットカードの利用が可能となります。